Title

日中色彩語の対照研究―宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の中国語翻訳本を中心に

Translated Titles

A Study of the Color Term in Contemporary Japanese and Chinese: Centered on the Chinese Translation of the Book Entitled "Gingatezudou no Yoru"

DOI

10.29736/DWRYJYSB.201101.0005

Authors

鄧美華(Mei-Hwa Deng)

Key Words

色彩語 ; 対訳 ; 日華漢辞典 ; 認知言語学 ; 文化 ; color term ; translation ; Japanese-Chinese dictionary ; cognition linguistics ; cultural

PublicationName

東吳日語教育學報

Volume or Term/Year and Month of Publication

36期(2011 / 01 / 01)

Page #

76 - 104

Content Language

日文

Chinese Abstract

日本語中級教材である『ニューアプローチ中級日本語基礎編』第一課には次のような文がある。「日本の中華料理のお店ではカウンターやテーブルは赤です。でも、それが青だったら、きっと食欲がなくなるでしょう。」この文について、中国語母語話者の日本語学習者はこの文を「如果那是青色的話,•••」と翻訳した。同じ漢字を使っているせいか、日本語の漢字をそのまま中国語に翻訳したのである。しかし、「青」というのはどんな色なのか、この場合は<緑色><藍色><青色>のどれに翻訳すればいいのか、討論する余地があると思う。正しく翻訳しないと誤解を引き起こすし、作者の表現したいイメージを読者に正しく伝えられない恐れもある。 従来色彩語に関する研究は認知言語学という観点からのものが多かったが、本稿は一つの試みとして宮沢賢治作品の中で色彩語が一番多く使われている『銀河鉄道の夜』を題材に、台湾で出版された翻訳本と対照しながら、作品の中に出てくる色彩語とその対訳を抜き出し、その色が辞典の定義通り(「赤」=<紅>)に訳されているのか、それとも他の言葉に訳されているのかを見ていく。また、その訳の正誤についてや他に適当な訳がないかなども考察する。翻訳(通訳)に従事する人にとって日華(漢)辞典は欠かせない道具でもあるので、辞典よりも適当な訳語が使われているものがあれば、その成果を辞典の改訂に役立てたいと考えている。

English Abstract

”New approach Japanese intermediate course” Section 1 has the following sentence. ”日本の中華料理のお店ではカウンターやテーブルは赤です。でも、それが青だったら、きっと食欲がなくなるでしょう。”. The Chinese-speaking Learners of Japanese translated this sentence into with ”如果那是青色的話,...”. Due to both Japanese and Chinese use Kanji, it could be affected by its native language and translate Japanese Kanji to Chinese Characters directly. Anyway, what is exact in this case? <green>?<indigo blue>?<blue>? As translation incorrect, it is likely to result in misunderstanding, and it is very difficult for the author to correctly express the concept or meaning to the readers. This paper try to extract the color words from Miyazawa Kenji's work 『銀河鉄道の夜』and its Chinese translation editions which published in Taiwan, and compare them. Whether these color words have according to the dictionary definition translates (「赤」=<紅>) or not? Are those translations right? Are there other suitable translations? Japanese-Chinese dictionary is also a necessary tool for the person engaged in translation. If there is translation more suitable than a dictionary, we have like to use the outcome for future dictionary revision.

Topic Category 人文學 > 語言學
Reference
  1. 大辞林。電子?書。
  2. 日中辞典。小?館。
  3. 新明解国語辞典。三省堂。
  4. 新明解国語辞典。三省堂。
  5. 新時代日漢辞典。大新書局。
  6. 新綜合日華辞典。鴻儒堂。
  7. 国語辞典。集英社。
  8. 広辞苑。電子?書。
  9. Berlin, Brent,Kay, Paul(1969).Basic Color Terms.Los Angeles:University of California Press Berkeley.
  10. ロジャー・パルバース訳(1996)。英語で読む銀河鉄道の夜。筑摩書房。
  11. 上村和美(1999)。文学作品にみる色彩表現分析(芥川龍之介作品への適用)。?文社出版。
  12. 大藤幹夫(1993)。宮沢賢治童話における色彩語の研究(改訂版)。日本?書????。
  13. 大藤幹夫(1973)。宮沢賢治童話における<青>。大阪教育大学紀要,22
  14. 王燕(2006)。浅議色彩詞語翻訳與文化語境。大学英語,3(2)
  15. 永田泰弘(2008)。新版 色の手帖。小?館。
  16. 吉原美香(2000)。京都橘大?。
  17. 李紅印(2007)。現代漢語顔色詞語義分析。商務印書館。
  18. 李暁静(2007)。中日色彩語における比喩的表現の対照研究―基本色彩語を中心に―。「魅力ある大学院教育」イニシアティブ「対話と深化」の次世代女性リーダーの育成, 平成18年度活動報告書:海外研修事業編
  19. 李暁静(2006)。従認知角度看中西“紅色”詞的差異及びその翻訳取向。US-China Foreign Language,4(4)
  20. 林鳳英(2008)。漢、日顔色詞的象徴意義與語用意義的異同。広東外語外貿大学学報,19(3)
  21. 梁宝衛(2005)。中日顔色詞語対比的理論框架初探。日語学習與研究,3
  22. 董氷(2005)。漢日顔色詞的文化視角研究。信陽師範学院学報(哲学社会科学版),25(4)
  23. 蔡豊琪(2007)。日中基本色彩語彙の認知的意味拡張―色彩語「赤」、「紅」を中心に―。2007 台大日本語文創新国際学術研討会論文集
  24. 鄭文琪(2002)。東?大?日本語文?系。
  25. 鄭蕊(2009)。浅談顔色詞的英漢文化異同及翻訳。科技信息,9